コンパッショネイト・マインド・トレーニング

このコースは、心理の専門家だけでなく、ビジネスパーソンやコンパッション・トレーニングに興味のあるすべての人たちのために、開設されました。コンパッションを育んでいくアプローチは、以下のように、国内外でたくさん行われております。

 

★コンパッショネイト・マインド・トレーニング(イギリスのダービー大学のポール・ギルバート博士)

 

★マインドフル・セルフ・コンパッション・プログラム(アメリカのクリス・ガーマー博士とクリスティーン・ネフ博士)

 

★コンパッション・カルティベイション・トレーニング(コンパッション・インスティテュートのトゥプテン・ジンパ氏)

 

★アプライド・コンパッション・トレーニング(アメリカのオックスフォード大学のジム・ドッティ博士とロバート・コージック博士)

 

★ビーイング・ウィズ・ダイニング・プログラム(アメリカのジョアンナ・ハリファックス老師)

 

★慈悲の瞑想・コンパッション・メディテーション(アメリカのボストン大学のステファン・ホフマン博士)

 

★カルティベイティング・エモーショナル・バランス(アメリカの感情心理学者であるポール・エクマン博士)

 

などが行われています。

 

いずれのアプローチも、仏教をルーツに持っておりますが、宗教色を排除して、科学的な手法によりコンパッションのトレーニング形式にしたものになっております。

 

上記の差異としては、コンパッションに対する捉え方(定義)が異なっているため、それらを育成するアプローチが異なっています。

 

例えば、瞑想やイメージ法を中心としたトレーニング方法であるのがほとんどですが、コンパッショネイト・マインド・トレーニングは科学的な手法でコンパッションが育まれるアプローチはすべて採用しており、例えば、筆記療法、呼吸法、さらにはエンプティ・チェアなどの技法が取り入れられています。

 

また、カルティベイティング・エモーショナル・バランスやコンパッショネイト・マインド・トレーニングは、脳や感情に対する心理教育を取り入れていますが、他のアプローチは解説してもごくわずかで、多くの時間を瞑想にあてています。

 

さらに、抑うつや不安などの精神症状(臨床症状)を持っているクライアントはお断りしているといった、このトレーニングに入る前のお約束があるのがほとんどですが、コンパッショネイト・マインド・トレーニングは、そうした精神症状を緩和するために開発されてきたために、お断りはしておりません。ただし、その場合はトレーニングではなく、治療が必要となるため、コンパッション・フォーカスト・セラピーを受けることをお勧めしております。

 

本コースでは、ビジネスパーソンや興味を持っている誰もが受けられるコンパッションネイト・マインド・トレーニングとして、8週間のトレーニング・コースを開設しました。

 

次のコースは、2020年4月~6月の土曜10時~12時(4期)の受講者を募集しております。

 

★2020年3月期(3期)のコースの日程は?

Week 1:  3/12(木) 19:00~21:00

Week 2:  3/26(木) 19:00~21:00

Week 3:  4/  9(木) 19:00~21:00

Week 4:  4/23(木) 19:00~21:00

Week 5:  5/  7(木) 19:00~21:00

Week 6:  5/21(木) 19:00~21:00

Week 7:  6/  4(木) 19:00~21:00

Week 8:  6/18(木) 19:00~21:00

→満席となりました。4月期(4期)コースにお申し込みください。

 

★2020年4月期(4期)のコースの日程は?

Week 1:  4/18(土) 10:00~12:00

Week 2:  4/25(土) 10:00~12:00

Week 3:  5/  9(土) 10:00~12:00

Week 4:  5/23(土) 10:00~12:00

Week 5:  5/30(土) 10:00~12:00

Week 6:  6/  6(土) 10:00~12:00

Week 7:  6/13(土) 10:00~12:00

Week 8:  6/20(土) 10:00~12:00

※土曜日の日程は、4月に入ってから正式に決定するため、多少の日程の変更がございます。ご了承ください。

 

★コースの申し込み方法は?

本ホームページ内の「お問い合わせ」から、件名に「2020年4月期コンパッション・フォーカスト・セラピー・ベイシック・コース参加希望」と明記し、お名前とメールアドレス、メッセージを添えて、お申し込みください。

 

★コンパッション・フォーカスト・セラピーとは?

コンパッション・フォーカスト・セラピーはイギリスの行動・認知療法学会の元学会長のポール・ギルバート博士によって開発された心理療法です。

 

★このコースの目的は?

このアプローチを実際に用いるためには、まずは、ご自身による体験的な学習が必要になってきます。このベイシック・コースは、日常生活の中で、より積極的にコンパッションを育み、実践することを目的としたプログラムになります。

 

★このコースの参加条件とは?

マインドフルネスの実践を深めたい方、コンパッションに興味がある方、コンパッションのエクササイズを体験したい方、心理療法としてクライアントに活用したい方などにお勧めです。

  

★プログラムの内容は?

Week 1:コンパッションとは?インテンション・セッティング、コンパッションレベルチェック、呼吸法

Week 2:自己批判の役割とは?古い脳と新しい脳、感情制御の三つのモデル、コンパッショネイト・カラー

Week 3:スージング・システムを活性化させるためのスイッチ、安全な場所にいるイメージ

Week 4:コンパッションに満ちた自分のイメージ、慈悲深い他者からの言葉かけ

Week 5:コンパッションの恐れチェック、セルフ・コンパッションを妨げる要因の探索

Week 6:慈悲の代替思考とケース・フォーミュレーション

Week 7:コンパッショネイト・レター・ライティング

Week 8:コンパッショネイト・アクション

 

★コースの進め方は?

毎回120分のクラスで、チェックインを兼ねた宿題の振り返り、各テーマについてのレクチャーと対話、エクササイズの実践、次週までの宿題の共有という流れで行っています。クラスの中では、参加者同士のエクササイズの実践や対話などを実施しながら、お互いにコンパッションの実践を深めていきます。基本は、全8回の参加が必須となりますが、記録用としてセッション最中の様子を録画しておりますので、もし、欠席されても事後の学習は可能です。

 

★コースの参加の仕方は?

Zoom(https://zoom.us/jp-jp/meetings.html)を使用します。会議IDは、参加者に別途、お知らせいたします。

 

★コースの参加費用は?

コンパッションのトレーニングとして、スタンフォード大学のCCT(Compassion Cultivation Training)の395ドルを参考に、ほぼ同じ金額の受講費用となります。詳しくは、お問い合わせください。