ワークショップのご紹介

 

本サービスは、対人援助の専門職に必須である「メンタルヘルスに関する知識」や「援助スキル」について

最新の心理学研究に基づいたワークショップ(講演会・研修会)をご紹介しています。

 

現在、開催予定のワークショップは下記のお知らせをご覧ください。

最新のワークショップのお知らせ


コンパッション・フォーカスト・セラピー創始者 来日記念ワークショップ -エッセンシャル・スキル・トレーニング-

◆ワークショップの内容

 コンパッション・フォーカスト・セラピー(Compassion Focused Therapy: CFT)の創始者、ポール・ギルバート博士による日本で初めてのワークショップです。コンパッションの若手のホープであるジェームス・カービー博士とともに初来日することになりました。

 ポール・ギルバード博士は、長い間認知行動療法(CBT)やその研究を行う中で、クライアントが温かく自分に温かい眼差しを向けながら内省していく方が治療の効果が高いことを発見しました。これを契機に、ポール・ギルバード博士は、進化心理学、愛着理論、神経・社会・感情・認知心理学、仏教心理学の理論に基づき、CFTを発展させていきました。CFTは、統合失調症、慢性うつ病、不安障害、PTSD、摂食障害、産後うつ、境界性人格障害等の感情調節の機能不全を抱えた精神疾患、恥意識や自己批判が高く、虐待の既往歴のあるような慢性で複雑な問題を抱えた方を対象にカスタマイズされています。さらには、怒りや自信など、感情やアイデンティティの問題まで幅広く適応可能であると考えられています。

 CFTは、クライアントが抱える問題に対してだけではなく、セラピスト側にも多大な恩恵をもたらします。他の心理療法と競合することなく、現在の治療スタイルにコンパッションを加えることで深みと広がりを持たせる技法となっています。慢性的で複雑な問題を抱えたクライアントに対してセラピーがうまくいかなかった経験のある方は、今回のワークショップでその理由がわかることになるでしょう。コンパッションに興味がある方も必見です!

◆講師①

ポール・ギルバート博士

(Paul Gilbert, PhD., O.B.E.)

 

 

 

※ワークショップは、逐次通訳で実施いたします。

 

<講師紹介> 

ポール・ギルバート博士(Paul Gilbert, PhD., O.B.E.)はイギリスのダービー大学の臨床心理学の教授であり、コンパッション・フォーカスト・セラピー(CFT)の創始者である。2003年には、イギリスの行動・認知療法学会の会長を務めており、2011年には、大英帝国勲章を授与されている。イギリス心理学会の理事でもある。従来のCBTでは治療効果があがらない慢性的に症状を抱えるクライアントに対してCFTを適用し、30年以上にわたってその治療や研究を牽引している。

 代表的な著書としては、『Compassion Focused Therapy: Distinctive Features(右画像/訳本は下記参考書参照)』が挙げられる。

◆講師②

 

ジェームス・カービー博士

(James Kirby, Ph.D.)

 

<講師紹介> 

オーストラリアのクウィーンズランド大学の講師。スタンフォード大学のC-CARE(Center for Compassion and Altruisum Research)の客員研究員で、イギリスのコンパッショネイト・マインド財団の名誉会員。セルフ・コンパッションの先駆者であるクリスティーン・ネフの提唱したMindful Self-Compassion Programやスタンフォード大学のCompassion Cultivating Trainingにも精通しており、幅広い視野で、コンパッションを研究・実践する若手のホープである。

◆参考書

『実践 セルフ・コンパッション―自分を追いつめず自信を築きあげる方法』(2016年、誠信書房)

 

②近刊 『トラウマへのセルフ・コンパッション』

 デボラ・リー,ソフィー・ジェームズ著

 石村郁夫・野村俊明訳(2018年、金剛出版)

 定価 3,600円+税

③近刊 『コンパッション・フォーカスト・セラピー入門(仮題)」

大野裕監修 石村郁夫・小寺康博訳 (2019年、誠信書房)

◆日程/参加費

 ①1日コース 

コース概要:

はじめての方でも気軽にご参加いただける内容となっています。コンパッションという概念の変遷

を踏まえて、なぜコンパッションが人に求められているのか、科学的研究結果の知見からコンパッションを高める介入法に関して解説していきます。それらの説明を踏まえたうえで、コンパッション・フォーカスト・セラピーの主要なエクササイズを体験いきます。

日付:2019年3月21日(木・祝) 

時間:10:00~17:00(予定)

参加費:1万2千円

 

 ②4日間コース 

コース概要:

コンパッションについてより理解を深めたい方にお勧めの内容となっています。また、熟練したCFTセラピストになるためには、何度もコンパッションの概論に触れることが重要だと言われており、以前CFTのワークショップに参加したことがある方にもおすすめのコースとなっています。

ワンデイワークショップで、十分に実施できない専門的な理論やエクササイズを通して、コンパッション・フォーカスト・セラピーに関して学びを深めていきましょう。

日付:2019年3月21日(木・祝)

               22日(金)

                             23日(土)

                             24日(日)

時間:10:00~17:00(予定)

参加費:8万円

 

 

◆場所

東京成徳大学十条台キャンパス内 講義室

〒114-0033 東京都北区十条台1-7-13 

(詳細は、メールにてお知らせいたします)

  

◆募集人数

①1日コース 

 80名

 

②4日間コース 

 80名

 

◆参考動画

CFTの紹介動画です。

(動画は日本語字幕となっています。)

トラウマ症状を治療するために、CFTでは、スレッド・システムの暴発を理解し、スージング・システムを活性化させることを支援していきます。

本ワークショップでは、こうしたトラウマ治療に関する理論や技法について深く学んでいきます。

 

◆お申し込み方法

お問い合わせより、①「【CFT創始者 来日記念ワークショップ】参加希望」、②希望コースを記入し、ご連絡ください。

※必ず、お名前・連絡先をご記入ください。

 

 

◆申込締切

  2019年1月25日(金)

 

◆研修ポイント

臨床心理士の継続研修ポイントを申請する予定です。

 

◆主催

プラスワンラボ合同会社

世話人:東京成徳大学・准教授 石村郁夫


出版記念ワークショップ 【トラウマの治療に効くコンパッション・フォーカスト・セラピー】

◆ワークショップの内容

イギリスのPsychological Trauma Society(McFetrige, et. al., 2017)で推奨されているように、現在トラウマ(PTSD)の治療にはコンパッション・フォーカスト・セラピー(Compassion Focused Therapy: CFT)が有効だと言われています。

今回のワークショップでは、トラウマの治療にどうしてコンパッションが有効であるのか最新の知見を交えて学び、さらにトラウマに対してどのようにアプローチしていくのか、実際のエクササイズを通して理解を深めていきます。

また、トラウマの治療者であれば、一度は経験している、治療がうまく行かない理由について、コンパッションという視点から理解することができる内容となっています。

CFTは、これまでの技法と競合することはありません。患者さんのレジリエンスを高め、トラウマ治療におけるCFTの研鑽を積める3日間の集中型ワークショップです。

どうぞ奮ってご参加ください。

 

◆講師

デボラ・リー博士

(Deborah Lee, DClinPsy)

 

 ※ワークショップは、逐次通訳で実施いたします。

 

<講師紹介> 

25年間トラウマの領域で心理療法を行ってきた、PTSDや複雑性トラウマの治療の権威である。PTSDの治療にコンパッションを先駆的に適用し、慈悲のレジリエンスを育成することで治療成果を挙げている。

また、彼女は、北アメリカやヨーロッパにおいて100以上のワークショップや講演会をし、書籍を通して彼女の卓越した臨床知を全世界に普及してきた。

現在、彼女はバークシャーにあるトラウマ・ストレス・サービスとサウスセントラルにある退役軍人サービスの代表を務める顧問臨床心理学者である。また、ロンドン大学の上級名誉講師でもある。

 

 代表的な著書としては、『トラウマやPTSDから回復するための慈悲の心へのいざない:フラッシュバック、恥、罪悪感、恐怖を克服するためのコンパッション・フォーカスト・セラピー(右画像/訳本は下記参考書参照)』が挙げられる。

 

 ◆日程

平成30年11月23日(金・祝) 10時~17時

       24日(土)     9時~17時

       25日(日)     9時~16時30分

 

◆場所

東京成徳大学十条台キャンパス内 講義室

〒114-0033 東京都北区十条台1-7-13 

(詳細は、メールにてお知らせいたします)

 

◆参加費

5万円

(振込口座はメールにてご案内いたします)

 

◆募集人数

50人程度

※満席になり次第ウェイティングリストに登録させて頂きます。

※ご好評により若干ですが募集人数を増やすことになりました。

 

◆お申し込み方法

お問い合わせより、メッセージ欄に「出版記念ワークショップ 【トラウマの治療に効くコンパッション・フォーカスト・セラピー】参加希望」と記入し、ご連絡ください。

※必ず、お名前・連絡先をご記入ください。

 

◆申込締切

2018年9月14日(金)

2018年10月12日(金)

 

◆研修ポイント

臨床心理士の継続研修ポイントを申請する予定です。

 

◆主催

プラスワンラボ合同会社

世話人:東京成徳大学・准教授 石村郁夫

 

◆参考書

『実践 セルフ・コンパッション―自分を追いつめず自信を築きあげる方法』(2016年、誠信書房)

 

②近刊 『トラウマへのセルフ・コンパッション』

デボラ・リー,ソフィー・ジェームズ著

石村郁夫・野村俊明訳

(2018年、金剛出版)

 定価 3,600円+税

 

※参考書がなくてもご参加いただけます。

 



これまで開催したワークショップ


コンパッション・フォーカスト・セラピー【3日間のコア・スキルトレーニング】

◆ワークショップの内容

これまで、欧米でしか学べなかった「コンパッション・フォーカスト・セラピー(CFT)」について、3日間の集中型ワークショップを行いました。

ワークショップでは、セルフ・コンパッションを育てるCFTのコア・スキルを習得するとともに、恥意識や自己批判をやわらげ、自信を築きあげる方法を学びました。

 

◆講師

メアリー・ウェルフォード博士(Mary Welford, DClinPsy)

<講師紹介> 

英国の顧問臨床心理学者。

コンパッショネイト・マインド財団の創設者の一人で、前センター長でもある。

これまでに1000を超えるヘルスケアや教育分野の専門家を指導しており、コンパッション・フォーカスト・セラピー(CFT)の発展のために全世界でワークショップを開催している。

著書には、『実践 セルフ・コンパッション―自分を追いつめず自信を築きあげる方法』などが挙げられる。

 

◆日程

平成29年7月15日(土)9時~17時

 16日(日)9時~17時

 17日(月)9時~17時

 

◆募集人数

50人

(満員になりました。たくさんのご応募・ご参加ありがとうございました。)

 

◆主催

プラスワンラボ合同会社

◆ワークショップの様子

1日目、2日目は本では学べないCFTのコア・スキルについての講義を受けました。

3日目は、恥意識や自己批判をやわらげ、自信を築くスキルトレーニングを行いました。

 

◆ワークショップ開催後の感想

●ワークショップの内容はもちろん先生の作り上げたCompassionateな雰囲気を体験できたことが私にとって何よりの学びでした。本当にありがとうございました。

●コーヒーの準備や資料、エクササイズシートなど細やかな配慮をして下さり本当にありがとうございました。すごく快適な環境で学ぶことができました。

●このような機会を素晴らしい環境で提供して頂き、感謝します。

●図書館のスタッフの方にもご迷惑をお掛けしたと思いますが、日本でこのような経験ができて感謝しております。ありがとうございました。

●三日間かけて集中して学べたのがとても良かったです。どっぷりCFTに浸って体にしみこませることができました。きちんとファイルされ、英文スライドの付いた配布資料とワークシート、湯茶の用意、快適なお部屋など大変、助かりました。このような機会を得て学べることに本当に感謝しています。

●日本語の資料に感動しました。お菓子やコーヒーなどスタッフの皆様のCompassionを感じました。本当にありがとうございました。